マンション経営を失敗しない為に|有効方法を取ろう

サブリースを知る

サブリースの活用について

不動産の有効活用の一つの手段として、サブリース方式による一括借り上げというサービスがあります。おもに、不動産会社などが土地や建物の所有者に対して、一括して借り上げたうえで、賃貸サービスに回す、というのが基本です。所有者にとっては、一括で貸し出すことで入居者探しや家賃収入の不安定さについて心配する必要がなくなります。またサブリースで一括借り上げする業者側にとってみると建物を一括して貸し出せ、手数料収入を独占できるというメリットがあります。かつては、法人向けの社員寮や保養施設、学校の寮のような限られた不動産物件や施設でサブリース方式による一括借り上げ契約が行われていました。最近は、アパートやマンションだけではなく、事業所を対象にしたサブリースも登場しています。

多様化する不動産需要

このように、サブリースによる一括借り上げ、家賃保証、空き室保証という方式は土地や建物の所有者と不動産業者双方にとってメリットがあります。最近は、土地の有効活用という観点から、空き地や更地から事業所への転換を目的としたサブリース方式の契約が増えています。それぞれの立地条件に適した業態や職種などを考慮したビルや営業所、倉庫、工場スペースなどを作ることで安定した収入と利益を確保するという形態です。予め企業のニーズを十分に検討したうえでプランされるあたらしい市場に向けたサブリース方式は、アパートやマンションとは異なった収益性と競争力を持つことが可能です。この新しいサブリース方式は法人からの需要に応える新しいビジネスモデルとして注目されています。